【2017/03/17】映像制作局 新入生募集のお知らせ!

こんにちは!工学院大学の入学試験も明日(3/18)のC-II日程の合格発表を残すところ、既に入学が決まった新入生の方も多いと思います。

突然ですが、映像制作局では新入生を募集中です!
「カッコいい映像が作りたい!」「機材を触ってみたい!」という方でも構いません!ぜひお待ちしております!
入会希望の方は映像制作局TwitterアカウントのDMや新聞会本体のTwitterアカウントのDM、Facebookページにてお気軽にお問い合わせください。

20170317_01_thumbnail.png


ということで・・・今日は映像制作局内の主な役職を技術系を中心に紹介します!
※映像制作局独自の役職割りなので、実際の映像業界とは若干異なるところがあります。

・カメラマン
20170317_02.jpg
その名の通り、カメラを使って撮影を行います。学内イベントや取材等でのENG*1撮影はもちろん、PVやCM撮影なども。また、マルチカメラ収録・生配信時のカメラオペレーションも行います。良い画が撮れたときの快感は格別!

・音声
20170317_03.jpg
学内イベントや取材等で音声の録音を行います。ブームの先にガンマイクを着けて音を録ったりします。また、ネットラジオやネットテレビの収録・生配信の際はミキサーも担当します。

・編集
20170317_04.jpg
カメラマンや音声さんが撮影・録音してきた素材を編集します。
新宿キャンパス、八王子キャンパス両方の新聞会室でAdobe CCのコンプリートプランを導入しており、Premiere ProやAfter Effectsを使用して映像編集を行えます。孤独の作業ですが、無事終えたときの達成感は他ではなかなか味わえません!

・カラーグレーダー
20170317_05.png
主にPVやCM制作で映像素材の色味や質感を調節し、より作品に合ったイメージに近づけていく作業(カラーグレーディング)を行います。映像制作局では新宿キャンパス新聞会室においてGTX960搭載のWindows PCでDaVinci Resolve 12.5を導入しています。

・CGクリエーター
CGを使用した映像素材を作ります。Adobe After EffectsのほかBlackmagic Fusion 8も使用できます。実写との合成の他、実写映像を使用しない案件も多数あるので、大変重要な役職です!

・TD(テクニカルディレクター)
ネットテレビやイベント生配信・中継で技術部門を統括します。いわば技術部門のトップとなり、大抵の場合はスイッチャーを兼任します。その他、PV、CM制作においても技術的な提案や、撮影から完パケまでのワークフロー管理を行います。

・VE(ビデオエンジニア)
ネットテレビやイベント生配信・中継で機材システム設計や機材の設定などを行います。専門的な知識・技術を要しますが、同時に技術的の知識・技術を身に付けるには最適な役職です!

・技術開発
技術部門の活動をより行いやすくするために、機材の改良、開発などを行います。特に昨年度導入したスイッチャーATEM Television Studioはプログラミングによりソフトウェアで様々なコントロールを行うことができ、とても拡張性の高い機材です。より実用的なプログラミングがしてみたい方などぜひ!

・ディレクター
20170317_05.jpg
PV・CMやこぐテレ!の番組を企画したり制作の指揮をとります。あんなこんな映像作品が作ってみたい!という方、大歓迎!

・リポーター
こぐテレ!の番組等で取材等を行う際にカメラの前に立ってリポートをします。目立つことが大好きな方、歓迎です!

以上、映像制作局の主な役職を紹介しました!

撮影局に関して何かご不明な点がありましたら、TwitterのDMにてお気軽にご相談ください!
もし興味を持っていただけましたらフォローしていただけると幸いです。
新聞会本体のTwitterアカウントFacebookページでもお待ちしております!

*1 Electric News Gatheringの略称。映像制作局内ではイベント等のロケ取材のことを指しています。

Topic : 映像制作
Genre : Computer/Internet

【2017/03/13】撮影局の今後の活動方針について

撮影局は2016年度も新聞会のもとで映像制作活動を通して学内の様々な学生団体等をサポートさせていただきました。
2017年度も更に活動を拡大していく方針です。

20170313_01.jpg
昨年10月、八王子祭の取材にて...

2017年度の活動方針を軽くお知らせします。

①「映像制作局」への名称変更
撮影局は2017年度、名称を「映像制作局」に変更する予定です。
※実際には現時点では決定しておらず自治会の承認を待つ形となります。

②イベントの生配信などのリアルタイムコンテンツの充実
2016年度はスイッチャーなどといった生配信に必要な機材を導入しました。
11月の新宿祭ではインターネット配信テレビ「こぐテレ!」を放送しました。
2017年度は学内イベント等の生配信・中継を行うなど、リアルタイムコンテンツの充実に力をいれていく方針です。

20170313_02.jpg
昨年11月、こぐテレ!立ち上げに先立って行われたテクニカルリハーサルの様子


入学が決まっている新1年生多いかと思いますので、出来るだけこういった形で情報は暫定的でも公開していこうと思っています。

撮影局に関して何かご不明な点がありましたら、TwitterのDMにてお気軽にご相談ください。
もし興味を持っていただけましたら、Twitterアカウントをフォローしていただけると幸いです。
新聞会本体のTwitterアカウントFacebookページでもお待ちしております。

【2016/12/24】 こぐテレ!初回放送SP 制作技術舞台裏

2016年もあと数日。今年の新聞会は昨年に引き続き成長の年であり、10月には大学表彰も頂きました!

さて、新聞会では今年11月に行われた第67回新宿祭の教室企画として「こぐテレ!」を公開生放送しました!
同時に YouTube Live で生配信も行っています。

今回はその こぐテレ! の制作技術の舞台裏について紹介します!
少々マニアックな話も含まれますが、しばしお付き合いください(笑)

ちなみに中の人は放送2日前の11/18(金)に InterBEE 2016 に行き、いろいろと勉強してきました。

こぐテレ!の放送はこれまでとは違い、視聴者の方々により綺麗な映像で放送を楽しんでいただけるよう、本格的に生配信システムを構築して行いました!

SystemDiagram_400x269.png
こぐテレ! 初回放送SP システム図 (クリックで拡大)

システムは Blackmagic Design 社製のスイッチャー ATEM Television Studio をハブに構築。カメラは新聞会所有の1台(GY-HM200)とスタッフの持ち込み2台(ILCE-6300、HDR-CX550V)を使用。その他に、テロップ送出用PC、VTR送出用PCをスイッチャーに入力しました。

ATEM Television Studio には HDMI の PGM OUT は1系統しか無いため、HDMI分配機でスタジオ出演者用リターンモニター、スタジオ観覧者向けモニター、配信用PCへ分岐。また、PGM OUT は念のため Blackmagic Video Assist を通して ProRes Proxy 収録しました。

配信用PCでは Blackmagic Design Intensity Pro 4K でキャプチャーを行い、OBS Studio で YouTube Live へ1080p29.97配信を行いました。

中継時は、スタジオのカムコーダー GY-HM200 を持ち出し、内蔵のライブストリーミング機能を使用してWiMAX2+経由でスタジオと回線を結びました。

また、スタッフ間のコミュニケーションは Skype を活用しました。

20161224_01.jpg
オペレーション卓の様子

20161224_04.jpg
スタジオ側から

20161224_02.jpg
放送に先立って行われたテクニカルリハーサルの様子

20161224_04.jpg
機材テストの様子

そして、実際に YouTube Live で放送した番組はこちら。

【ライブ配信】 こぐテレ!初回放送SP in 新宿祭 -新宿キャンパスB-0567教室より公開生放送!

なんだか制作の準備不足によるグダグダ感が秘めませんが・・・^^;
より安定した放送ができるよう制作陣一同も頑張ってまいります!

ご覧頂いた方、ありがとうございました!

また、生放送にはなかった番組はこちら。

【こぐテレ!】 工学院大学 第67回新宿祭 模擬店食レポ (19分55秒)

【こぐテレ!】 工学院大学 第67回新宿祭 鉄人29階 リポート ~永谷D 新記録なるか!?~ (5分55秒)

今回、放送に際して取材を引き受けてくださった方々、スタジオ出演してくださったⅠ部学科連合委員会委員長の小高さん、ネットワーク関係の対応をしてくださった本学情報システム部の方々、深夜にも関わらず電源関係の対応をしてくださった施設課の方、各種手配などでお世話になった新宿祭実行委員会の方々、放送のお手伝いをしてくださったOBの方々、学外の方、関わってくれた新聞会のメンバー、そして視聴者の皆様。本当にたくさんの方々に支えられてこの放送は成り立っています。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました!

まだまだ改善すべき課題が盛り沢山ですが、撮影局、そして新聞会一同これからも頑張って参ります!

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!

(記事 : 撮影局TD ぶりてん)

第67回新宿祭
10月31日、学園創立129周年式典が新宿キャンパスで執り行われました | 2016 | ニュース | 工学院大学 Kogakuin University

Topic : 映像制作
Genre : Computer/Internet

【2016/12/10】 航空部PV公開

航空部さんのPVがYouTubeで公開されました!

[4K/UHD] 工学院大学航空部 プロモーションビデオ 2016 (3分19秒)


撮影から編集まで一貫して新聞会で行わせていただきました。

→航空部さんのWEBサイトはこちら
→Twitterアカウントはこちら

【2016/07/30】オープンキャンパスPV制作技術の裏側

ようやく梅雨明け宣言もあり、いよいよ夏本番ですね!

今日は、昨日公開されたオープンキャンパスPVの4K制作の過程について、撮影~完パケまで技術的なことを中心に書きたいと思います!専門的な内容もありますが少々お付き合いください。

修正依頼がありましたためただいま一時的に公開停止中です。大変申し訳ありません。
(2016年8月22日) 修正版がアップロードされました。大変ご迷惑をおかけしました。




1. 撮影
撮影はUltra HD(3840x2160) 23.976p、S-Gamut/S-Log2で行いました。
高層ビルである新宿キャンパスで朝10時~午後3時までの5時間で効率良く撮影をしていくために、事前に綿密な計画を立てました。
エレベーターは基本的に来場者の方々向けなので±5階程度は機材を担ぎながら階段での移動です。
20160730_01.png

2. オフライン編集
Grass Valley社製のEDIUS Pro 8.2を使用してオフライン編集を行いました。
構成はオープニング→ガイダンス→研究室公開→インタビュー→その他→エンディングといった形になっています。
編集後、AAFで出力(レンダリングはせず、素材はオリジナル参照)しました。
20160730_02.png

3. カラーグレーディング
続いて、EDIUSから出力したAAFをBlackmagic Design社製のDaVinci Resolve 12.5にインポートしカラーグレーディングを行いました。
大学プロモーションビデオであることを意識し、ハイキー目にコントラストをとりつつ、広いダイナミックレンジをもつLogガンマの特徴を生かしてハイライトのディテールとのバランスを意識しながらグレーディングを進めていきました。
カラーグレーディング後、Grass Valley HQX (MOV)にレンダリングを行い、AAFを更新して出力しました。
20160730_03.png

4. テロップ調整、MA
DaVinci Resolveから出力したAAFをEDIUSにインポートし、テロップの調整、MAなどを行いました。
最終版のレンダリングはこれまでのHD制作ではAvid社のDNxHDを使用していましたが、今回は4KとのこともありGrass Valley HQXを使用しました。(4Kに対応しているDNxHRは現在の制作環境では対応ソフトウェアが限られているため今回は使用しませんでした。)
20160730_04.png

5. エンコード・完パケ
最後にYouTubeおよびデジタルサイネージ向けにエンコードを行いました。
ビデオはH.264 ターゲットビットレート60Mbps、オーディオはリニアPCM 48.0kHz 16bit。コンテナはMKV(Matroska)を使用しました。
エンコード後、アドミッション(入学広報部入学広報課)にデータをお渡しして完パケとなりました。
大学公式YouTubeチャンネルへのアップロードは総合企画部広報課に行っていただきました。ありがとうございました。

まとめ
4K撮影で課題となったのはフォーカスです。
特に今回のように次々と移動を繰り返しながら撮影していくENG的な現場では大きな問題であり、今後改善の余地があります。
また、Logガンマでのモニタリングではホワイトバランスが調整しずらく、そちらも工夫が必要になりそうです。
ポスプロ作業においてはレンダリング時間は数倍以上かかりましたが、その点を除けばこれまでのHDと同じようなワークフローで違和感なく制作を進めていくことができました。
高性能PCや4Kテレビをお持ちの方はぜひ画質設定を2160pにしてご覧ください!

今後、新聞会撮影局では4Kの制作環境を強化し、皆さんにより分かり易く且つ違和感の少ない映像を制作できるよう一同頑張って参ります!


今回の動画は、大学公式サイトでも公開されていますので、こちらもあわせてご覧ください。
オープンキャンパス | オープンキャンパス・相談会 | 工学院大学 入試サイト
プロフィール
工学院大学I部新聞会 映像制作局 (旧:K.F.C工学院大学映画制作サークル)です。2012年サークル設立、2015年に新聞会に吸収合併となりました。 学内新規メンバー募集中!

K.F.C member

Author:K.F.C member
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
公式アカウント
Twitter公式アカウント@kfcmovie
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター