【2015/03/14】「ビーイチ」オープン前リポート

20150314_35.jpg

※一部訂正しました(2015/03/15)

公式情報ですと、3/14(土)にオープン予定だった、工学院大学新宿キャンパス地下1階、通称「ビーイチ」ですが、工事が少々長引いたようで、本日はまだ準備中でした。
オープン前の「ビーイチ」の様子を、写真を中心にお伝えしていきます。

パンフレットから説明を引用します。
"B-ICHIは工学院大学地下一階学生ホールのニックネーム。学部や学科を超えて気軽に学生や教職員がより集う、ネットワークの拠点です。様々な出会いとインタラクティブなつながりを作り出し、活気に満ちた大学内のサードプレイス=ラーニングコモンズの実現を目指します。9本の煉瓦の柱が整然と並ぶグレーイッシュな空間には、工学院大学を「つなげる」「ひろげる」「そだてる」ために、以下のアクティビティが組み込まれています。"
※以下のアクティビティについては、この先の写真とともにご説明します。

大学公式プレスリリースはこちら

※写真は全て許可を得て撮影しています

20150314_01.jpg
まずこちらは、地下通路からみた様子です。

20150314_02.jpg
【B-ICHI GATE】と飛ばれるウェルカムゲートになっています。

20150314_03.jpg
右側は、インフォスペースとなっています。

20150314_04.jpg
【B-ICHI LOUNGE】と呼ばれる、エントランスラウンジです。

20150314_05.jpg
八王子キャンパスにあった旧1号館の教室の折りたたみ椅子をそのまま利用しているようです。
→(記事執筆時)これから取り壊される、八王子キャンパス2号館のものだそうです。

20150314_06.jpg
深い味わいがあります。

20150314_07.jpg
こちらは「カフェのようなカジュアルコミュニケーションスペース」という位置付けとのことです。

20150314_08.jpg
配管をあえて見せる造りになっています。

20150314_09.jpg
水道管のようですね。

20150314_10.jpg
錆びたネジや管を、オシャレに使っています。
いかにも理系という雰囲気です。

20150314_11.jpg
ハイカウンターが特徴的です。

20150314_12.jpg
こちらは、【B-ICHI SHOW CASE】です。
かつてのプロジェクトであった、東京駅の復元模型などが展示されています。

20150314_13.jpg
ここにも旧1号館2号館の教室で使われていた机が活用されています。
学部・学科を横断し、工学院大学を発信するプレゼンテーションショウケースとのことです。

20150314_23.jpg

20150314_14.jpg
こちらは、ノーマルなタイプの机です。

20150314_14.jpg
とても低い椅子と机。今後どのように活用されていくのでしょうか。

20150314_16.jpg
椅子や机にこだわりがありますね。

20150314_17.jpg
続いてこちらは、【B-ICHI GATHERING】です。写真はまだ机が並んでいない時に撮影しました。
こうして見ると、広い空間ですね。
...ミュージックビデオの撮影で使えそう(ボソッ)

20150314_18.jpg
こちらは、【B-ICHI BAR】です。煉瓦の柱が特徴的です。
柱を囲むように椅子が並べられています。

20150314_19.jpg
間接照明が優しく煉瓦を照らします。

20150314_20.jpg
素材感が伝わってきますね。

20150314_21.jpg
「グループ作業、ワークショップ、ゼミなどからクリエイティブを作り出すギャザリング大テーブル」とのことです。

20150314_22.jpg
思っていたより机がたくさんですね。

20150314_24.jpg
こちらは、【B-ICHI ENGAWA】です。

20150314_25.jpg
「縁側のように自由でフレンドリーな拠り所、親密なカフェスペース」とのことです。

20150314_26.jpg
木の優しさが伝わってきますね。

20150314_27.jpg
ちなみにこの机と椅子、無印良品のもののようです。
無垢材デスク(引出付)・オーク材
無垢材ベンチ・オーク材・小
無垢材ベンチ・オーク材・大

20150314_28.jpg
こちらも、【B-ICHI BAR】です。7つの間仕切りスペースとなっています。
反対側は、恐らく自動販売機スペースになるものと思われます。

20150314_29.jpg
電灯、コンセント付きです。

20150314_30.jpg
「PCを使い集中するパーソナルスペース」とのことです。

20150314_31.jpg
モデル:Syuhei Seta

20150314_32.jpg
そういえば、黒板スペースもありました。
実際にチョークで書けるのかは不明です。
→三ヶ所に設置されており、大いに使ってもらう装置とのことです。

20150314_33.jpg
モデル:Syuhei Seta

20150314_34.jpg
今回この「B-ICHI」の設計・デザインを手がけられた、飯島直樹教授です。
取材をさせていただいている間は、関係者と最終の確認を行っていました。
飯島教授のホームページはこちらです。

おそらく、17日(火)には、学生に開放されると思われます。
記事の作成にあたっては、配布されていたパンフレットを参考にさせていただきました。
オープン前に取材を快諾いただいた飯島先生、ありがとうございました。

Post a comment

Private comment

公式アカウント
Twitter公式アカウント@kfcmovie
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター